おうちのねっこ

福岡県、長崎街道内野宿でのんびり田舎生活。いえいえ、田舎は結構忙しい。日々の暮らしや長野おばあちゃんとの手仕事などを綴っています。

長野おばあちゃんは

季節の料理や伝統料理を

毎週、西日本新聞に連載をしています。

 

2月は

大木町の見学した様子が載ります。

先日、私も同行させてもらいました。(4歳の娘も(^-^;)

 

まずは、

大木町の道の駅を見学。

大木町といえば「キノコ」。

いろいろな種類のキノコがあったり、

特産品が並ぶ中、

キノコ採り体験のお部屋がありました。

 

自分が欲しいキノコを選び

購入し、自分でもぎ取ります。

 

これがなかなか取れないんです。

コツなのか、新鮮だからか( *´艸`)

f:id:ouchi-no-necco:20200205215619p:plain

 

次に

地元の方に

キノコ料理を教えていただきました。

わが家の子どもたちは

キノコ全般、歯ごたえが苦手らしく

好んでは食べないので

炒め物や汁物、煮物などに忍ばせます。

 

でも、今回はキノコが主役。

どんな料理かなと思いましたが

これが全部おいしい!(写真撮り忘れ💦)

4歳の子も「まだいるー!」とおかわりしました。

f:id:ouchi-no-necco:20200205220250p:plain

 

道の駅は、ヤギや

放し飼いのウサギもいて

広場もあるので

子ども連れにもうれしいです。

f:id:ouchi-no-necco:20200205215832p:plain

 

隣にはリサイクル施設があり、

こちらも見学させてもらいました。

 

大木町は町全体のリサイクル率が高いことでも有名で

お話の中で

「ゴミではなく、資源だと思っています。」という

言葉が印象的でした。

ビン、缶などはもちろん

紙オムツだけ、生ごみだけも分別しており

その数、24種類だそうです。

 

「始めた時、クレームなどなかったんですか?」

と聞くと、

分別が大変という声はあったが

慣れてくればそれほどでもないそうで、

生ごみから

液肥を作り、それを町民に提供したり、

ゴミの出し方が優秀な地域の方には

温泉のチケットを配布したりと、

いろんな工夫もされて

受け入れられているそうです。

 

f:id:ouchi-no-necco:20200205215723p:plain

 

ただ、ごみが減るだけではなく、

ゴミを処理する際に

「燃やす」ことは経費もかかるし、

CO2排出の要因にもなります。

 

一つの町のCO2が減ったところで…と思うか、

自分たちだけでも

そして、その活動が広がれば…と思うか。

 

自治体のトップの意識が変われば

町も変わるってすばらしいと思いました。

 

そして、

ゴミ処理にお金がかからなくなった分、

子ども3人以上いる家庭には

お米や手作りの菜種油が半額で買えたり、

温泉のチケットもらえたり、

紙オムツのゴミ袋が無料でもらえたり。

 

えっ!めっちゃよくない⁉

これなら

ゴミ分別も頑張れる気がする!

そして、子どもも産めそうな気がする(*^^*)

 

今度は家族を連れて行こう。

 

#西日本新聞 #長野おばあちゃん #大木町 #キノコ #リサイクル #子育て世代に優しい

 

恵方巻。巻き巻き。

昨日は節分。

野々実会では朝から恵方巻作り。

 

100セット限定としていましたが

お断りをしないといけないほど

ご注文いただきました。

 

玉子焼き、20本以上

おばあちゃんが焼きました。

 

私は巻くのを

お手伝い。

 

f:id:ouchi-no-necco:20200204215844j:plain

 

14時から16時のお渡しになっていましたが

内心、間に合うかドキドキ。

でも昼過ぎには

注文分が仕上がり、

まかないをみんなで食べました。

 

f:id:ouchi-no-necco:20200204215715j:plain

 

紅ショウガもたくあんも

おばあちゃんの手作り。

 

 

コンビニやスーパーにも

恵方巻が並び、

予約販売を強化していますが

完全には食品ロスはなくならないそうです。

 

 

私も一緒に作ってわかりましたが、

「巻き巻きするの楽しい!」って思いました。

 

 

海苔にごはんを敷いて

好きな具置いて、

子どもと巻き巻き…。

うん!楽しいはず!

 

家で作ればロスも出ないのになぁと、

密かに思ってしまいました(^-^;

 

 #長崎街道内野宿 #野々実会 #長野おばあちゃん #恵方巻 #食品ロス

料理は楽しい。おいしい。

今日は

小学校の放課後子ども教室のクッキング広場でした。

1年生から6年生まで。そして年少さんも(笑)f:id:ouchi-no-necco:20200201212005j:plain

 

目に染みる~と言いながら

タルタルソースに入れる玉ねぎを刻んでました。

f:id:ouchi-no-necco:20200201211230j:plain

 

小学校の授業では

お肉も揚げ物もしませんが、

クッキング広場では

揚げ物もするし、デザートも作ります。

f:id:ouchi-no-necco:20200201211941j:plain

 

月に1回ですが

包丁の使い方や手際もだんだん上手になってきました。

 

 

でも、土曜日なので

子どもたちも習い事や用事などがあるのか

参加者が少ない。

もったいない。

 

「食べることは生きること」

 

自分で作ってみて

レシピ通り調味料入れても

「ちょっと薄いな」とか

お肉焼いてて

赤いお肉が段々色が変わって

「焦げ目がついておいしそう」とか。

 

お料理にしてると

自分で気づくこともあるし

変化も楽しめるし

おいしいし(^-^)

 

来年度、もっと来てくれないかなぁ。

って、私はただのお手伝いお母さんなんだけど(笑)

 

 

#長崎街道内野宿 #内野小学校 #放課後子ども教室 #料理 #食べることは生きること 

 

 

 

 

 

そば打ち。

今日はおばあちゃんがそば打ちの

練習を一緒にしてくれました。

f:id:ouchi-no-necco:20200131233044j:plain

私も、10回くらいは習ってはいるものの、

こねて、伸ばしてまで全てを一人でできたことは

まだありません。

 

こねたり、足で踏んでまではいいけど

しっかり硬い生地はなかなか伸びてくれません。

でも力任せにすると破れたり、

ざらついたりしてちぎれやすくなる。

 

おばあちゃんがしてるのを見ると

とっても軽やかで

気持ちいいように伸びていきます。

 

 

私がそば打ちの練習をするのは理由があります。

一つは

「内野に来たら田舎そばが食べられる」ってしたい。

 

以前「そば打ち伝承会」っていうのがあって

そばを育てるところから始めて

蛍見の会やお祭りなど地元の催し物のときには

来た人に振る舞われ、

この内野に300人以上の方が訪れていたそうです。

 

しかし、その会は今はなく

内野で食べられる機会がなくなっています。

それを聞いて、もったいないなぁ、寂しいなぁと思って

今、教えてくれるおばあちゃんがいるうちに

教わりたいと思いました。

 

もう一つは

「子どもたちが楽しみにしてる」ということ。

 

内野小学校では

3年生で、自分たちでそばを育てて、実をとり、

粉にして、打って、全校みんなに振る舞う。という体験をします。

 

ある年、

教えてくれる方がいないという理由で

そば打ちができなかった学年があったそうです。

その学年の子どもたち。不満爆発。

次の年に、下の学年と一緒に実現したそうです。(^-^;

 

子どもたちは

上の学年がしてるのを見て

次は自分たちだと楽しみにしています。

 

それが、教える人がいないという理由で

貴重な体験ができなくなるのは寂しい。

誰かしてくれたらいいのになぁって思うなら

自分がしたらいいやんって思って。

 

「やっぱりおばあちゃん、すごいなぁ」って言ったら

「そりゃ、何十年もしよるんやから一緒やったら困るばい」って。

 

 

私、今年45歳。

おばあちゃん、今年90歳。

ちょうど倍。ちょうど半分。

同じようにできるわけない(笑)

 

「最初の方、ヘラで混ぜたら粉が手につかんから

 もったいなくないやろ?」

「少しの粉でもそば1本分くらいにはなるばい。」

 

そば打ちにしても高菜漬けにしても

技術や方法だけでなく

昔からの知恵や物を大切にする気持ちが伝わってくる。

 

いつも思う。

こんなおばあちゃんになりたい。

 

 

そば打ちも

練習するので、

私の打ったそばでよければ

野々実会にご連絡ください\(^o^)/

 

 

メールアドレスnonomikai.uchino@gmail.com
 
#野々実会 #長野おばあちゃん #もうすぐ90歳 #スーパーおばあちゃん#レジェンド #長崎街道内野宿 #飯塚市 #加工品 #畑仕事 #季節の手仕事
お問い合わせ    0948-72-4755

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい意味で。

ブログ。

気づいたら、

1年以上、更新してなかった…。

 

よし!今年はがんばろう!って

思ったのは、

先日参加した

自立ママのための「身の丈起業」成果報告会&交流会。

 

みんな子育てしてるママたち。

すでにピアノ教室開いてる人。

手作り品をネット販売してる人。

何かしたいけど、それを探している人。

 

「今よりステップアップしたい」

ならどうするか。

佐藤ゴーシ先生の

ママ塾、mamalink塾に在籍していた

皆さん共通してたのは

 

 

「まず 動いてみる」

 

 

 

以前、子どもが幼稚園に通ってる時

よかれと思って発言したことが

回りまわって違う形になって

ママ友と思ってた人が

陰口をたたいてたことがわかって

ショックだった。

 

それをなぜか先生が知っていて

その先生に

「波紋って人に影響を与えるっていうことでは

ある意味いい意味ですよ」って言われた。

 

…。嫌味ですか?

と当時は思いました。

どこを探しても

「波紋が広がる」「波紋を呼ぶ」など

いい意味はないですから(笑)

 発言するのが怖くなり

(結局、自分が苦しくなり

 上の子が卒園と同時に下の子を保育所へ)

 それまで以上に

周りの目を声を気にするようになった。

 

 

でも、

ママたちの話を

聞いていて

 

ちょっと

「波紋」

あえて、

いい意味でとってみようかなと思った。

 

 

今、住んでいるのは飯塚市内野。

小学校が素敵だと思って

引っ越した。

 

でも

小学校の児童数が少ないので

増えたらいいなと思い、

内野のお母さん達と

イベントしたりもした。

(実はこれもゴーシ先生きっかけなのですが)

 

よくよく考えてみると

一保護者が動いたところで

児童数が増えるなんて

ありえないと思うけど、

ありえないけど

でも、

言い続けてると

し続けてると

「内野いいですね~」

「空き家ないですか?」

地元のおじちゃんからも

「あんた、何かがんばってるみたいやね」

「あそこに空き家があるばい」

という声が聞こえるようになった。

 

そして

最近では

内野を見学しに来てくれたり

イベントきっかけに

引っ越して来てくれる人もいる。

 

 

今までは

 

湖の周りで

みんなが楽しそうに遊んでて。

花を摘んだり、石を投げたり。

私は

それを見て

楽しそうだなぁ、

私がしたらどう思われるかな。

もうちょっとこうしたら

いいのになぁと

頭の中で想像するだけ。

こうなったらいいなーを

頭で想像してるだけだった。

 

 

でも、

やっぱりしてみたいと

ポトンと石を落としてみた。

そばで見てた人が

「それいいね」って言ってくれた。

その波が伝わって

私の知らない人からも

「いいって聞いたよ」って言ってもらえた。

少しずつ輪が広がってる

そんな感じがした。

 

私がしてることなんて

ほんの少しで

一人じゃできないことだけど

 

ほんの一歩動いたことで

周りがちょっとずつちょっとずつ

変わってきてる。

 

 

「まず 動いてみる」

 

周りにはそれを

よく思わない人がいるかもしれないけど

 

最近は

「時間がもったいない」

「今、やらないと」と思えるようになった。

 

 

人前に出ると顔が真っ赤になる。

合奏はその他大勢の鈴希望。

休み時間はほぼ図書館。

小学校時代の私がみたらびっくりするだろうな。

 

 次は仕事に

繋がるようなことに

動き出したい。

 

 

 

この前

借りた本の中に

「波紋が広がる」と

「渦を巻く」は違うと書いてあった。

 

「波紋は波が伝わるが次第に消える」

「渦は最初は板を動かして

反動が大きいが渦ができると

次第に大きく広がっていく」と。

 

 

幼稚園の先生、

やっぱり

「波紋」より

「渦」

を作っていきたいです。f:id:ouchi-no-necco:20200115231053j:plain

 

 

 

#飯塚市内野 #自立ママのための「身の丈起業」成果報告会&交流会 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

年明けの野々実会はのんびりとしています。

年末、年明けとお休みが続くと

風邪をひくおばあちゃん(;^_^A

動いてた方が元気なようです。

 

年末は一緒にお餅をつかせてもらいました。

f:id:ouchi-no-necco:20200113212243j:plain

f:id:ouchi-no-necco:20200113212301j:plain

 

「餅はもうつけん」と言ってましたが

ちぎって丸めるのは敵いません。

おばあちゃんがするのを見ていると

簡単そうに見えますが、

やってみると

ちぎるのもお餅がびよーんと伸びて切れないし、

丸めるのもおばあちゃんみたいに

つやつやのまんまるにはなりません。

でもおかげで

自分たちが作った

お餅でお鏡を作ることができました。

 f:id:ouchi-no-necco:20200113212324j:plain

 

年明けはゆっくりしていますが

2月に入ったら

恵方巻作りや

講演会も入ってます。

 

今年90歳のおばあちゃん、

「歳をとってしまった…」

とは言ってますが今年もまだまだ元気です。

 

あ、風邪もだいぶよくなってきました(^-^)

 

メールアドレスnonomikai.uchino@gmail.com
 
#野々実会 #長野おばあちゃん #もうすぐ歳 #スーパーおばあちゃん#レジェンド #長崎街道内野宿 #飯塚市 #加工品 #畑仕事 #季節の手仕事
お問い合わせ    0948-72-4755

 

今年も高菜植えてます。

今年も高菜植えてます。

左側の段にも植えていきます。

一体、何本植えるんでしょう( *´艸`)

 

f:id:ouchi-no-necco:20191121215452j:plain

 

おばあちゃんが

「10年前なら、チャチャッと植えよったんやけどねー

 年取って、ちょっとしたら、休まなやれんごとなったとばい。」

って、一緒にいたFさんと顔を見合わせて

「いやいや、10年前でも、畑仕事しよん人おらんですよ(笑)

 90歳で、あんだけの畑してすごいですよ!」

 

この前も鍬の使い方を指導されました(^-^;

 

畑はね、来年はどこに何を植えるか、

考えながらせないかんよ。

 

まだまだ現役。

まだまだたくさん教えてください(^-^)

 

メールアドレスnonomikai.uchino@gmail.com
 
#野々実会 #長野おばあちゃん #89歳 #スーパーおばあちゃん#レジェンド #長崎街道内野宿 #飯塚市 #加工品 #畑仕事 #季節の手仕事 #高菜
お問い合わせ    0948-72-4755